季節の変化がもたらす疲労「冬バテ」

こんにちは!

横浜市保土ヶ谷区のプライベートジム & サロン、トータルボディコンデイショニングimproveの大前です。

新年明けましておめでとうございます、本年もよろしくお願い致します。

 

お正月、皆様はいかがお過ごしだったでしょうか?

実家へ帰省された方、家でのんびり過ごされた方、それぞれ思い思いの過ごされ方をされたと思います。

正月休みが終わり、ゆっくり休んだはずなのに毎日眠くて仕方がない」「何だかモチベーションが

いまいち上がらない」、「体調がいまひとつ」・・・。

 

実はこのような体の不調は【季節性情動障害】 別名【冬バテ】とも呼ばれ、季節の変化が原因

だったりします。

冬バテは名前の通り、冬の寒い時期になると体調が崩れ、春の暖かい時期に向かって徐々に体調が良くなる

傾向にあります。

 

冬バテは、急激な気温の変化により自律神経である【交感神経】と【副交感神経】の乱れる事で引き起こされます。

交感神経は興奮したりしている時などに、副交感神経はリラックスしているときに神経が活発に働きますが

冬などの寒い時期には、身体は交感神経を活発にさせることで血管を収縮させて体温を保とうとします。

交感神経が活発になることで体や心が常に興奮状態となり、身体の緊張が抜けにくくなることから

疲れが抜けにくくなります。

 

冬バテの人に多い症状

 気分が落ち込みやすい

 常にモチベーションが低い

 倦怠感が常にある

 理由もなくイライラする

 過眠

 過食(特に甘いもの)

 

この【冬バテ】には大きな特徴として【過眠】【過食】があります。

甘いものが無性に食べたくなり、お腹いっぱい食べても食欲が治まらない、毎日8時間以上しっかり

寝ているのに寝たりない、朝もちゃんと起きられなくなる、日中の眠気がとれない等の

症状が表れたら注意が必要です。

 

冬バテ対策として注意したいこと

 

【身体を冷やさない】

首には太い血管である動脈が身体の表面近くを通っているため、首を冷やすことは体温の低下にも繋がります。

マフラーやストール等で寒さからしっかりガードしましょう。

ぬるめのお風呂(38~40℃ぐらい)にゆっくり浸かることで身体を温めるのもおススメです。

 

【深呼吸をする】

深呼吸(腹式呼吸)をすることで、自律神経が多く通っている横隔膜がしっかりと動かされ、

自律神経の乱れが整いやすくなることで副交感神経が優位になりリラックス効果が高まります。

 

【日光を浴びる】

冬の時期は日光を浴びる時間が短くなることで神経伝達物質である【セロトニン】の分泌が減り

やすくなります。

セロトニンが不足すると、脳の機能低下やストレス障害を引き起こす原因につながると言われるので

朝起きたら1日20分~30分を目安に朝日を浴びる習慣をつけるのがベストです。

 

寒い日が続きますが、今年も1年元気に頑張りましょう!

 

■トータルボディコンディショニング improve(インプルーヴ) 

〒240-0022

横浜市保土ヶ谷区西久保町53植木第3ビル2階(駐車場完備)

【相鉄線天王町駅・JR横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩6分】

(横浜駅から電車で約3分)

TEL:045-459-9868

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

お客様の声はこちら