ストレスからの自律神経の乱れ

こんにちは!

横浜市保土ヶ谷区のプライベートジム & サロン、トータルボディコンデイショニングimproveの大前です。

 

体の調子が悪いけどこれといった原因が思い当たらない・・・まわりの人からは「それってストレスの

せいじゃない?」なんて言われたことはありませんか?

実は「ストレスのせい」というのは「ストレスによる自律神経の乱れ」の事を言います。

 

私たちの身体の中に張り巡らされている神経には、脳や脊髄に繋がる〈中枢神経〉と全身に繋がる〈末梢神経〉

の2つに大きく分けられ、このうち末梢神経には【体性神経】と【自律神経】の2種類があります。

体性神経は身体を動かす運動機能などに関わっており、手や足のように自分の意思で動かしコントロール

する為の必要な神経です。

逆に【自律神経】は多くの内臓器官の機能の働きに関わっており、胃腸や内臓などの消化器官の他に自分の

意思ではコントロールすることはできない部分に関係しています。

脳の視床下部という場所にあり、多くの内臓器官(心臓・肺・胃腸・肝臓・膀胱・唾液腺・内分泌腺・

汗腺・瞳孔・血管等)に大きな関わりがあります。

 

自律神経は【交感神経】と【副交感神経】に分けられ、一方が優位になったり劣位になることで上手く

バランスをとりながら身体を正常に働かせる様は、車のアクセルとブレーキの関係に似ています。

交感神経(アクセル)が優位になると身体は活動的な状態となります。

運動で身体を使ったり、心拍数の増加や神経の興奮などは交感神経が優位な状態です。

副交感神経(ブレーキ)が優位になるとリラックス状態になります。

食後の消化促進、心拍数の低下や血圧を下げたり身体が休まる状態には、副交感神経が優位な状態となります。

 

交感神経が優位になり続けると

脳から神経伝達物質【アドレナリン】が分泌されることで血管が収縮、血流が悪くなることで

温かい血液が全身に行き届きにくくなり、身体の冷えにつながります。

また、血流が悪くなることで血液中の老廃物や疲労物質が代謝されにくくなり、疲労が

残りやすい、胃腸の働きが低下して胃もたれや下痢、便秘の症状も引き起こします。

精神的な面では不安感、怒りっぽくなる、集中力の低下などにも影響があると言われます。

反面、リラックス状態の副交感神経も優位になりすぎても、脈拍の低下による体温の低下や

花粉等のアレルギーに過剰反応しやすくなります。

どちらか一方だけが常に優位になっても身体には悪影響がでてしまうので、常にバランスが

上手くとれるようにする事がとても大切になります。

 

自律神経を整える為には

【音楽を聴く】

リズムやメロディが耳から刺激としてはいることで、脳が幸福感を感じるホルモン【ドーパミン】や、

セロトニン】等を分泌させます。

必ずしもヒーリングミュージックでなければいけない…わけでもなく、人それぞれの好きな音楽でも

リラックスできるなら大丈夫です。

 

【深呼吸をする】

深呼吸(腹式呼吸)をすることで、自律神経が多く通っている横隔膜がしっかりと動かされると共に

付近にある肺や肝臓、胃などが呼吸の動きとともに動かされる事で血流が促進されます。

血流が良くなることで体内の栄養が上手く循環されるようになり、老廃物や二酸化炭素も

排出されやすくなります。

 

普段からリラックスする時間が少ないと思ったら、上記の他にも趣味に打ち込む時間を作ったり、

友人と遊ぶ時間を持つなど、自分なりのリラックス方法を見つけましょう。

 

■トータルボディコンディショニング improve(インプルーヴ) 

〒240-0022

横浜市保土ヶ谷区西久保町53植木第3ビル2階(駐車場完備)

【相鉄線天王町駅・JR横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩6分】

(横浜駅から電車で約3分)

TEL:045-459-9868

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

お客様の声はこちら