紫外線が強くなって来ます。対策をとりましょう!

こんにちは。
横浜市保土ヶ谷区のプライベートジム&サロン、トータルボディコンディショニングimproveの成川利奈です。

あちらこちらで梅の花が咲き始め、少しづつ春を感じています。
が、寒い日々はまだまだ続きそうなので、身体を冷やさぬように気を付けたい所ですね。

さて、そんな寒さ健在の2月ですが、
実は関東近辺、紫外線数値は徐々に上がって行っているのをご存知ですか?
まずは下~のグラフをご覧下さい↓↓

…安心して外出できる
薄橙…日中は出来るだけ日陰を利用し、長袖や帽子の着用、日焼け止めを心掛ける
濃橙〜…日中の外出は出来るだけ控え、長袖、帽子、日焼け止めは必須

 

下図は去年の横浜のデータのグラフです。大体この様なレベル分けになっていて、
紫外線による健康被害の予防に役立てることができます。


“日焼けはお肌に悪い”


誰もが知っている事ですが、
ではなぜお肌に悪いのか?を少し詳しく書いていきますね。

お肌の老化の原因の8割は、何と紫外線によるものと言われています。
地表に降り注ぐ紫外線は、UV-A波とUV-B波の2種類。

【A波】

降り注ぐ紫外線の9割を占めています。
真皮層に到達しコラーゲンやエラスチン(ハリや弾力のもと)、
ヒアルロン酸(水分を保つ)を作り出す線維芽細胞を傷付けてしまう。

浴びるとお肌はゆっくりと黒くなり、シワやたるみを引き起こします。

雲や室内、車の窓ガラスも透過してお肌に到達する為「生活紫外線」とも言われます。

【B波】

真皮には到達しませんが、表皮に様々なダメージを与えてしまいます。
屋外での日焼けの主な原因となる為、「レジャー紫外線」とも呼ばれます。
たくさん浴びるとすぐに炎症を引き起こします。
その後メラニン色素が沈着してお肌を黒くし、シミや色素沈着の原因となります。

また、これらは体内の様々な分子に吸収され、
その結果生じた活性酸素による酸化ストレスの影響で、老化が進行します。
活性酸素と闘う為に生成されるのがメラニン…酸化は避けたいですね。
因みに曇り空の日でも晴れた日の6割、雨の日でも2割の紫外線は

地表に届いていると言われているので、毎日しっかりと対策をとりましょう。

紫外線対策に欠かせないアイテム「日焼け止め」ですが、

【SPF】

UV-B波の防止指数。20分程度で日焼けすると言われている目安を、
どの程度伸ばせるかを指します。
例)SPF20なら、20×20=400(6時間半)
※お肌質により異なります

 

【PA】

UV-A波のカット指数を“+”の記号を使って4段階で示しています。

↑↑必ず記されているあの英数字は、この様な意味合いになっています。
塗っているのに焼けてしまう…という方はいらっしゃいませんか?
もしかしたら、適正量を使用できていないのかもしれません。
例えばお顔の場合、乳液タイプなら500円玉分くらいの量が適正です。
購入された時に、まずパッケージをよくお読みになり、
適正量を確認してみて下さいね!

また、精油には、こういった様々なお肌の悩みにも寄り添ってくれるものがあります。

カウンセリングをじっくり行い、その時々適したブレンドで
活き活きとしたお肌を目指して行きたいですね☆*


■トータルボディコンディショニング improve(インプルーヴ) 
〒240-0022
横浜市保土ヶ谷区西久保町53植木第3ビル2階(駐車場完備)
【相鉄線天王町駅・JR横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩6分】
(横浜駅から電車で約3分)
TEL:045-459-9868
メールでのご予約・お問い合わせはこちら
お客様の声はこちら

 

出典:気象庁ホームページ (http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/link_uvindex_month54.html)
日最大UVインデックス(解析値)の年間推移グラフ」(気象庁ホームページより)