【コラーゲン】を飲むと肌にいいのか?

こんにちは!

横浜市保土ヶ谷区のプライベートジム & サロン、トータルボディコンデイショニングimprove代表の藤倉です。

 

最近、お客様から

「コラーゲン入りの健康食品って意味あるの?」とご質問いただきました。

【コラーゲン】と聞くと「肌に良い」と連想され、特に女性は興味の強い成分だと思います。

 

コラーゲン入りのジュースや、サプリメントも多数出ておりますが、果たして本当に効果はあるのでしょうか?

今日は、コラーゲンを摂取することの有効性について記載していきます。

 

 

 

【コラーゲンとは?】

そもそも「コラーゲン」って何なのかわかりますか?

これ、実はほとんどの方が知らないんです。

 

コラーゲンとは、実は《タンパク質》の一種です。

タンパク質については下記のブログで記載しておりますので、是非ご一読ください。

 

【豆知識Ⅲ】タンパク質って何?

 

人体を構成するタンパク質のうち、約30%がコラーゲンといわれています。

こう見るとかなりの割合をコラーゲンが占めていますね。

 

コラーゲンというと肌、皮膚を最初に思いつくと思います。

しかし、それだけでなくコラーゲンは骨・軟骨・血管にも多く含まれています。

ちなみに皮膚の70%はコラーゲンが占めています。

 

コラーゲンの分子的特徴として、アミノ酸の配列であるアミノ酸X-アミノ酸Y-グリシンが繰り返され、その3本がらせん状に合わさった3重らせん構造であること、分子量が約30万と非常に大きな高分子であることです。

また、ヒドロキシプロリンという非必須アミノ酸が多く含まれていることも特徴。

これがハリと弾力のある、みずみずしく健康的な肌を保つ働きをしています。

 

高齢者に多い骨粗しょう症は、筋力やカルシウム不足などだけでなく、加齢による体内のコラーゲンの減少も原因の一つとなっています。

コラーゲンが骨の内側の柔軟性を保つことで、骨が折れやすくなることを防いでいるのです。

 

 

 

【コラーゲンを飲むと肌が綺麗になるのか?】

「コラーゲンを飲む」ことの効果として言われているのは、体内のコラーゲンは加齢とともに変質し、生成量も減ってしまうので、それを補うためにサプリメントなどを飲もう!!といった考え方からです。

 

上記の生成量という単語からもわかるように、コラーゲンは身体の中で生み出すことができます。

 

年齢によってコラーゲンの生成量が減ることはよく知られており、それが身体の不調を引き起こしているという理論も間違いないでしょう。

しかし、「コラーゲンを飲む」ことによる効果については少々疑問があります。

 

タンパク質は体内に入ると、胃や腸の中で分解され、ペプチドやアミノ酸の形で腸から吸収されます。

アミノ酸は体内の色々な部位に運ばれ、そこでタンパク質として再合成されます。

 

つまりコラーゲンを飲んだからといって、それが体の中にそのままの形で運ばれ、作用するわけではないのです。 


また、飲んだコラーゲンがアミノ酸に分解され、そのアミノ酸が体内でのコラーゲン生成に役立つのではないかという説も明確な根拠はなく、あくまで推測に過ぎません。

 

コラーゲンは一般的に

①水に溶けにくい

②吸収性が悪い

とされているため、サプリメントなどで取り入れたコラーゲンが体内でまたコラーゲンに再合成されるという考えは、実際のところ難しいのではないかと思われます。 

 

【救世主!?コラーゲンペプチド】

コラーゲンを加熱してほぐしたものがゼラチンです。

それをさらに細かく酵素分解したものがコラーゲンペプチドです。
コラーゲンペプチドは低分子であるため、水に溶けやすく、吸収率も高いとされています。

 

コラーゲンペプチドは、摂取するとアミノ酸に消化・分解されますが、特徴的なアミノ酸であるグリシンやプロリンを豊富に含むため、皮膚や関節を構成しているコラーゲンを合成する栄養源として重要です。

 

しかし、こちらもまだ確実と言えるような研究報告は少なく、まだ「肌のためには絶対摂取すべきだ」とは言えません。

ただ逆に「摂取したほうが肌に良い」可能性も大いにあります。

今後のコラーゲンペプチドの研究が楽しみです。

 

 

 

【コラーゲンよりも肌に良いものとは?】

現在、コラーゲンよりも肌に良いとされている成分は「ビタミンC」です。

コラーゲン構築にはビタミンCが深く関わっています。

ビタミンCは、コラーゲンの構造を保つ働きをする酵素を助ける補因子です。

 

また、強力な抗酸化物質であるビタミンCは、活性酸素種を消去して、人体の酸化を防ぐ働きを持ちます。

ビタミンCについての有効性を示した研究報告は数多くあり、コラーゲンを飲むことよりも根拠があります。

 

またビタミンCは摂取しやすいこともプラス材料です。

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」でビタミンCの食事摂取基準は、成人(15歳以上)における推奨量が100ミリグラムと定められています。

これはレモン1個分です。

ピーマンやゴーヤ、柿など様々な食材に多く含まれているため、ちょっと気にするだけで摂取基準を満たすことができます。

 

ただ水溶性のビタミンであるため、生で食べたほうがきちんと摂取できます。

また摂取しすぎても排泄されるため、過剰症の心配もありません。

 

 

つまり、ビタミンCを摂取する方が体内での良質なコラーゲン形成には期待が高く、わざわざサプリメントなどでコラーゲンを飲む必要があるのか...という結論に至ります。

 

 

いかがでしたでしょうか?

このように記載しましたが、私はコラーゲンを飲むことが全くの無駄だとは思っていません。

まだ有効性を認めるには根拠が乏しいというだけです。

今後、「コラーゲンを飲むべきだ」となる可能性も大いにあります。

しかし、今のところは肌を綺麗に保つためには「ビタミンC」に着目して摂取すべきでしょう。

 

 

■トータルボディコンディショニング improve(インプルーヴ) 

〒240-0022

横浜市保土ヶ谷区西久保町53植木第3ビル2階(駐車場完備)

【相鉄線天王町駅・JR横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩6分】

(横浜駅から電車で約3分)

TEL:045-459-9868

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

お客様の声はこちら

健康的なお食事のご相談にもしっかりアドバイスさせていただきます。

トレーニングの指導もお任せください!