早めのケアが大切! 防ごう眼精疲労

こんにちは!

横浜市保土ヶ谷区のプライベートジム & サロン、トータルボディコンデイショニングimproveの大前です。

 

パソコンやスマホで作業をしていると、ついつい画面に集中しているとあっという間に時間が立って、

作業が終わるころには眼がショボショボしてしまいます。

そんな時はしっかり眼を休めましょう。

ただしっかり休んだはずなのに、なかなか疲れが取れない場合、それは眼精疲労かも知れません。

 

眼精疲労とは?

 

通常の眼の疲れの場合、しっかりと睡眠等の休息を取ることで疲れを緩和できます。

ただしっかり休んでも治らない状態のことを、医学的には〈眼精疲労〉と呼ばれ、単なる眼の疲れである

〈眼疲労〉と区別しています。

主に眼の奥が痛い・かすむ・充血する・眼が乾く(ドライアイ)といった症状が出ます。

他には肩こり・頭痛・吐き気といった身体の症状、また気持ちのイライラ・うつ状態等の精神的な症状が

現れる場合もあります。

また、こういった状態が続くと、眼のピントをあわせる毛様体筋の過緊張により近視が進んだり、

眼を動かす外眼筋の過緊張で眼圧があがって緑内障が進行したりしやすくなったり、中心性漿液性

網脈絡膜症等のストレスからくる眼の病気、老化に伴う白内障や加齢性黄斑変性症などの病気も進行

しやすくなると言われます。

 

 

眼精疲労の原因

 

【眼や体へのストレスが影響する原因】
●度の合わないメガネやコンタクトレンズの使用

●VDT症候群(コンピューター、テレビやゲーム機、パソコンなど)での目の酷使

●読書などの近業作業 (毛様体筋の過緊張による調節機能低下や近視化、瞬きの減少によ
るドライアイ)

●不規則な生活などによる体内ホルモンバランスや日内リズムの乱れ

●姿勢不良や運動不足による血流、リンパ等の循環障害

●偏食による必要栄養素やミネラル摂取不足

●水分摂取不足

●過労や精神的ストレス

●空気の乾燥、汚染、粉塵など

●屈折異常(近視・遠視・乱視)や眼疾患による視力低下

●斜視、斜位など

●頚肩腕症候群・五十肩

●糖尿病、高血圧、高脂血症などにより引き起こされる血管異常と循環障害

●脳梗塞や脱髄疾患による神経麻痺

●自律神経失調症

●体内ホルモンのバランス異常

●ドライアイ

●角膜・結膜・眼瞼疾患などでの眼の表面の異常

●緑内障などの視神経障害

●ぶどう膜炎などの眼に炎症をおこす病気

●瞳孔、調節、輻輳に影響する神経の病気

 

デスクワークに従事する人の約8割が何らかの眼の不調を訴えており、特に〈眼精疲労〉と〈ドライアイ〉

の症状が非常に増えています。

特にパソコンなどのVDT作業を長時間おこなった場合は、

 

●ストレスによる自律神経のアンバランス(交感神経系の過興奮)

●画面を凝視することによる瞬目減少(まばたきが少なくなる)

 

といったことが生じるため、涙液分泌低下・眼の表面の乾燥により、ドライアイを合併した眼精疲労の

症状を生じやすくなります。
 

【VDT症候群】
IT化が急速に進み、VDT(Visual Display Terminals)つまりコンピューターやテレビなどが広く職場や

生活の中に導入されています。

VDT作業に伴い身体的疲労、精神的疲労を感じる人達が増えてきており、VDTを使った作業により

引き起こされる身体的精神的不快症状をVDT症候群、別名〈テクノストレス眼症〉と言います。


 

眼精疲労対策

 

【血行を促進する】
加熱した蒸しタオルで眼を温めることで血行が良くなり、筋肉の緊張がほぐれることで眼のリラックス効果が

高まります。

眼の周りには交感神経から副交感神経に切り替わるスイッチがあるので、温めることで心身の

リラックス状態にも繋がります。

 

【規則的な食生活をする】

眼と健康状態を維持し、疲労回復の効果を高めるためには栄養バランスのとれた規則正しい

食生活が重要になります。
 

【環境や生活をチェックする】

部屋の照明は明るすぎず・暗すぎないように注意が必要です。

また、パソコンを使用の際はモニターを見下ろす高さに調節します。

モニターの位置が高いと目線が上向きになり目を大きく開くので目が乾きやすくなる為、

意識的にまばたきを多くすることも大事です。

室内が乾燥したり空調の風が目にあたる事もドライアイを引き起こす要因となりますので注意が必要です。
 

【眼鏡やコンタクトレンズの度数があっているか?】
 

眼鏡やコンタクトレンズを使用している場合は、眼に度数が合っているか眼科などで定期的にチェックし、

調整することが眼精疲労予防にも繋がります。
 

【専門の医師に診察を受ける】

眼のかすみは、白内障の初期症状・老化でも起こります。

眼の酷使や老化が原因と思っていた疲れ眼の中には、白内障・緑内障・網膜剥離等の病気である

可能性もあり、高血圧・糖尿病・動脈硬化などが原因で引き起こされることもあります。

 

お身体に不調を感じたら後回しにせず、早めのケアが大切ですよ!

 

■トータルボディコンディショニング improve(インプルーヴ) 

〒240-0022

横浜市保土ヶ谷区西久保町53植木第3ビル2階(駐車場完備)

【相鉄線天王町駅・JR横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩6分】

(横浜駅から電車で約3分)

TEL:045-459-9868

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

お客様の声はこちら