まだまだ花粉シーズン 気を付けよう花粉皮膚炎

こんにちは!

横浜市保土ヶ谷区のプライベートジム & サロン、トータルボディコンデイショニングimproveの大前です。

 

まだまだ花粉症の季節、早く終わって欲しいものですね。

花粉の症状と言えば、くしゃみ・鼻水・目のかゆみ等が一般的ですが、実は肌荒れによる肌のかぶれ・かゆみ

といった症状もそのひとつとなります。

肌の赤みやかぶれ、実は花粉皮膚炎かも知れません。

 

 

花粉皮膚炎とは?

 

花粉が原因で露出している肌が赤くかぶれる状態を、〈花粉皮膚炎〉と言います。

杉の他にもブタクサやヨモギも花粉皮膚炎の原因となります。

肌が赤くかぶれる症状は他にもありますが、春先(2〜4月)、秋(11〜12月)にかけて、顔や目の周囲・首などの

肌が露出している部位に症状が現れやすく、他の季節には治まってしまうのが特徴だと言われます。

花粉症は目や鼻の症状以外にも、喘息等の様々な症状があらわれるアレルギーの一種ではありますが、

多くの場合は皮膚の場合、かゆみ程度の軽いものです。

花粉皮膚炎の場合、顔全体のかゆみ・腫れぼったい感じ・肌の乾燥・肌がヒリヒリする等の症状が現れます。

また、ハッキリした赤みの強い発疹や、ニキビのような小さなぶつぶつが出来る、頬やまぶたが全体に赤く

なるといった症状も見受けられます。

アトピー性皮膚炎の人では、顔・首、あるいは全身の皮膚炎が悪化する場合もあります。

 

 

花粉皮膚炎の原因

 

花粉症の人は目や鼻の症状によって、目をこすったり鼻を何度もかんだりすることで皮膚に摩擦が起こり、

肌表面のきめの乱れや、角層のめくれあがりなどが起こる事で肌が荒れやすくなります。

肌荒れ部分から花粉の皮膚への浸透を許すことになる為、さまざまな症状を引き起こすと考えられています。

また、この時季は寒暖差の影響なども大きく、何もしなくても自律神経やホルモンバランスが乱れにより

血流が悪化して、肌に栄養が行き届かなくなり、やがてターンオーバーが滞るとバリア機能は低下しやすく

なります。

敏感肌ではない人も、春先の肌はデリケートな状態なので注意が必要です。

 

 

花粉皮膚炎の対策

 

【しっかりと保湿をする】

乾燥肌になっている皮膚に充分な潤いを与えて、保湿性を高めることが大切となります。

洗顔や化粧落としによる強力なクレンジングに注意して、皮脂の減りすぎに気をつける必要があります。

刺激の少ない皮膚保護剤やパウダーなどを使うと、皮膚に直接花粉がつかないように保護する効果もあります。

 

【内側から代謝を整える

バリア機能を内側から高めるためには、バランスのよい食生活やストレス解消などに努め、自律神経や

ホルモンバランスを安定させることが大切となります。

代謝を高める効果のあるビタミンB群、弱った肌のサポートをするビタミンC・E、ターンオーバーを

促進するビオチンといった栄養素の摂取が推奨されます。

 

【副交感神経を優位にする】

ぬるめのお湯で半身浴を行う事で、副交感神経が優位になって自律神経のバランスが整います。

さらに質の高い睡眠を取ることで細胞の修復が促進され、バリア機能の再生力を高める効果があります。

 

【花粉の侵入防止】

目や鼻、口など花粉が侵入しやすい部位を花粉用メガネやマスクなどで覆い、帽子を被る等して体内への

花粉の侵入を防ぐ。

 

【花粉の飛散が多いときには外出を避ける】

外出時は花粉が付着しにくい素材の衣服を着用し、洗濯物は室内干しにする。

外から帰ったら、家に入る前に花粉をよく払い室内に持ち込まないようにする。

 

手洗いとうがいをする際、顔や目、鼻の中もよく洗うのもおススメですよ。

 

 

■トータルボディコンディショニング improve(インプルーヴ) 

〒240-0022

横浜市保土ヶ谷区西久保町53植木第3ビル2階(駐車場完備)

【相鉄線天王町駅・JR横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩6分】

(横浜駅から電車で約3分)

TEL:045-459-9868

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

お客様の声はこちら