ストレス回避で上手に解消 5月病

こんにちは!

横浜市保土ヶ谷区のプライベートジム & サロン、トータルボディコンデイショニングimproveの大前です。

 

新年度のバタバタも一段落、だけどなんだかモチベーションが上がらず、全然やる気が出ない。

これってもしかして5月病かも知れません。

 

5月病は、主に新入社員や大学生などに見られる事が多く、新しい環境に上手く適応出来なくなり、

5月のゴールデンウイークを過ぎた頃から、学生の場合は学校に興味を失って、無気力な状態になったり、

会社の場合、新入社員が5月の休み明けの頃から、仕事に対する関心や意欲を急に失ったり、

早く職場に適応しようと頑張りすぎたことが原因で逆に無気力な状態に陥ってしまう。

 

このような状態はいわゆる〈5月病〉と呼ばれ、5月の連休明けに起こるのが多い事からこのように言われます。

5月病と同様の症状が6月に、特に社会人で増えていることから最近は〈6月病〉と呼ばれるようにもなりました。

5月病・6月病は精神的な症状だけでなく、食欲不振・めまい・動悸等、体の不調を訴える場合も多く、

新しい環境の変化についていけない焦りやストレスが、体の症状となって出てきた為と言われます。

5月病・6月病は、医学的には〈適応障害〉と診断されます。

 

4月から、学校や職場でいろいろな行事や新しい人間関係作りという環境の大きな変化の中で、

心身に重積したストレスが現れた事が原因と言われています。

特に社会人は、4月新年度からの慣れない環境で、IT化された業務を覚えるのにとても時間がかかります。

6月に入り仕事も落ち着いたところで、蓄積された疲労やストレスが表面化することで心身の不調を

訴えるケースが増えています。

特に真面目すぎる人や頑張りすぎる人は、人目を気にするあまり、環境に過剰に適応しようとして

自分をどんどん抑え込んでしまいます。

その結果、精神的に大きなストレスを感じることで、発症しやすくなります。

 

以下のような症状が出ている場合は要注意です。

 

 ■ やる気が減退して、ついつい先延ばしにしてしまう

 ■ 些細なことでもイライラしてしまう

 ■ 不安や焦りを常に感じる

 ■ 体がだるくて睡眠も浅く、疲れがとれない

 ■ 食欲がわかず、食事に美味しさを感じられない

 ■ 動悸・息切れ・めまいの症状がでる

 

 

5月病の予防と対策

 

【肩の力を抜いて物事に取り組む】

何でも完璧にこなそうとする完璧主義の人は、〈5月病・6月病〉だけでなく、〈うつ病〉にもなりやすい

傾向があります。

仕事や人間関係など、何でも完璧にこなせるハズがありません。

目標の8割ができれば上出来と思うようにしましょう。

 

【気の置けない人との会話を楽しむ】

家族や友人、恋人などとのコミュニケーションを大切にしましょう。

悩みを話すことでストレス解消になります。食事も一人はなるべく避け、気の合う人達との食事で

リラックスしましょう。

 

【栄養バランスの取れた食事を取る】

主食・副菜・主菜〉のバランスの取れた食事が大切です。

偏った食事は栄養不足を招き、感情をコントロールするために必要な物質〈セロトニン〉が

不足しがちになります。

野菜も欠かさず食べるように心がけましょう。

 

【睡眠の質を上げる】

睡眠は疲労回復にたいへん重要な役割を果たします。

睡眠の質を上げるために、〈起床・就寝の生活リズムを整える〉、〈寝る前にテレビやスマホを見ない〉等の

規則正しい生活習慣を身に付けましょう。

休みの日だからといって長時間寝過ごしたりせず、ゴールデンウィーク期間中も生活リズムを

大きく乱さないことが大切となります。

 

【趣味に没頭する】

スポーツ・音楽・読書等、自分の好きなことに集中し仕事の事を忘れる時間を作ることが必要となります。

また体を動かす有酸素運動は、脳の〈セロトニン〉の分泌を促す効果があると言われます。

自分の為にも趣味の時間を作ることが大切です。

実はあらゆる変化は人にストレスを発生させる原因となります。

身体の疲れだけではなく仕事の昇進、就職といったうれしい変化でさえも、ストレスの原因になります。

気持ちよく上手にストレス解消しましょう。

 

■トータルボディコンディショニング improve(インプルーヴ) 

〒240-0022

横浜市保土ヶ谷区西久保町53植木第3ビル2階(駐車場完備)

【相鉄線天王町駅・JR横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩6分】

(横浜駅から電車で約3分)

TEL:045-459-9868

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

お客様の声はこちら