眼の痛み、腫れがある時は清潔に ものもらい

こんにちは!

横浜市保土ヶ谷区のプライベートジム & サロン、トータルボディコンデイショニングimproveの大前です。

 

なんとなく瞼のまわりが気になって、鏡を見たら瞼が腫れていた・・・そんな経験ありませんか?

この様な症状の事を、一般的には〈ものもらい〉と呼ばれ、地域によっては〈めばちこ〉や〈めいぼ〉と言う

呼び方をするそうです。

 

 

ものもらいとは?

 

ものもらいとは主に瞼が腫れ、眼のかゆみを伴う病気の事を言い、他人に感染することはありません。

このものもらいには、【麦粒腫】と【粒腫】の二種類があります。

 

 

【麦粒腫】

俗に言う、ものもらいの事を言い、原因は細菌感染によるものです。

汗を出す腺や、まつげの毛根に感染した場合を〈外麦粒腫〉、マイボーム腺の感染を〈内麦粒腫〉と呼びます。

 

主な症状

初めはまぶたに局所的な赤みが出現し、軽い痛みや痒みを伴います。

炎症が強くなってくると、赤み・腫れ・痛みが強くなり、さらに化膿が進むと、腫れた部分が自然に破れて

膿が出ることがあります。

膿が出てしまうと、症状は回復に向かいます。

 

 

麦粒腫の治療

抗生物質の点眼や内服薬による治療が必要になります。

化膿が進んだ場合は切開して膿を出す必要があります。

眼をこすったりすると悪化しやすいので、必要以上に触らずに清潔を保つことが必要です。

 

【霰粒腫】

瞼にあるマイボーム腺の出口がつまって慢性的な炎症が起きた結果、肉芽腫という塊ができる

病気の事を言います。

麦粒腫と違い、細菌感染を伴わない無菌性の炎症となります。

 

主な症状

症状は瞼の腫れや異物感となります。

典型的な症状は痛みも赤みもなく、眼瞼に腫瘤が出来ます。

炎症を伴った場合は麦粒腫と似た症状が出ることがあり、これを急性霰粒腫と呼びます。

 

霰粒腫の治療

腫瘤が小さければ自然に体に吸収されることもありますが、大きい場合は副腎皮質ステロイド薬を

腫瘤に注射したり、手術で摘出したりする必要があります。

急性霰粒腫に対しては、抗生物質などで炎症を抑えます。

高齢者では悪性腫瘍との見分けがつきにくい場合もある為、注意が必要です。

 

 

■トータルボディコンディショニング improve(インプルーヴ) 

〒240-0022

横浜市保土ヶ谷区西久保町53植木第3ビル2階(駐車場完備)

【相鉄線天王町駅・JR横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩6分】

(横浜駅から電車で約3分)

TEL:045-459-9868

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

 

お客様の声はこちら