ストレスの溜めすぎに要注意 過敏性腸症候群

こんにちは!

横浜市保土ヶ谷区のプライベートジム & サロン、トータルボディコンデイショニングimproveの大前です。

 

現在はストレス社会と言われ、ストレスに関連した病気が全般的に増加傾向にありますが、

下痢・便秘等を生じる病気の一つとして、過敏性腸症候群が挙げられます。

 

・腹痛と下痢・便秘などの便通異常が慢性的に持続する

・すぐにトイレに行けない状況(急行電車など)で症状が悪化する。

・朝、出かけるときに症状があり、夕方、帰るときには症状がないか、もしくは軽い。

・眠っているときや休日には症状がない

上の様な症状が当てはまる場合、それは過敏性腸症候群かも知れません。

 

 

過敏性腸症候群とは

 

過敏性腸症候群は、10代~20代で始まる場合が多く、症状としては排便に伴う腹痛や、排便することで

緩和する腹痛、排便の頻度(便秘や下痢など)や便の硬さ(軟便またはかたまりが多く硬い)の変化、

腹部の張り、便に粘液が混じる状態、排便後の残便感等があります。

痛みは持続する鈍痛、あるいは痙攣痛の発作として現れることがあり、通常は下腹部に起こります。

その他の症状として、腹部膨満・ガス・吐き気・頭痛・疲労・抑うつ・不安・筋肉痛・集中力の低下があります。

一般的に、痛みの特徴や位置、きっかけ、排便パターンは、時間が経過しても比較的一貫しています。

しかし、症状は重くなったり、軽くなったり、変化することもあります。

 

 

過敏性腸症候群の種類

 

【慢性下痢型】

慢性下痢型は、ちょっとした緊張や不安があると便意を催し、激しい下痢の症状が表れ〈神経性下痢〉と

呼ばれます。

 

【不安定型】

不安定型は、腹痛や腹部の不快感とともに下痢と便秘を数日毎に繰り返します。

このタイプの便秘は腹部が張って苦しく、排便したにもかかわらず出ない、また出てもごく小さな便しか

出ないという症状で〈交代制便通異常〉と呼ばれます。

 

【分泌型】

分泌型は、強い腹痛が続いた後に大量の粘液が排出されます。

 

 

過敏性腸症候群の原因

 

諸説あり、はっきりした事が分かっていないのが現状と言われます。

 

【ストレス説】

ストレスが原因で消化管の運動機能が障害されて、下痢・便秘が生じるという説。

同じストレスでも症状の出る人と出ない人がいたり、同じ人でも症状が出たり出なかったりで、実のところは

よくわかっていませんが、ストレスが重要な要素であること言われます。

 

【内臓知覚過敏説】

腸管にわずかな刺激が加わっても、それを敏感に〈痛み〉と感じてしまうとする説。

刺激を感知する、脳の方が過敏になっているとも考えられています。

 

【その他の説】

そのほかに、食物アレルギーが基盤にあるために簡単に下痢をする〈食物アレルギー説〉、腸管に軽度の

炎症があることが原因とする〈腸管炎症説〉等が考えられています。

 

ストレス・緊張・不安・脂肪分の多い食物・乳製品・消化の悪い炭水化物(豆・とうもろこし等)が

誘因となって、症状が引き起こされることがあります。

 

【 規則正しい生活を過ごす

睡眠時間や食事時間を一定にし、規則正しい生活を心掛ける

とくに排便習慣が大切で、とにかく必ず毎朝トイレに行く習慣を身につけましょう。

 

【食事に気をつける】

暴飲暴食を避け脂肪分の多い食事、乳製品などは摂りすぎないようにします。

これを食べ莉下痢食べると下痢する」と原因がわかっている場合は、

その食物を避けましょう。

 

 

【休憩をしっかり取る】

勉強でも仕事でも、必ずひと息入れて休憩を取りましょう。

休日も無理して仕事をせずに、しっかりと身体を休めることが大切です。

 

 

 

■トータルボディコンディショニング improve(インプルーヴ) 

〒240-0022

横浜市保土ヶ谷区西久保町53植木第3ビル2階(駐車場完備)

【相鉄線天王町駅・JR横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩6分】

(横浜駅から電車で約3分)

TEL:045-459-9868

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

 

お客様の声はこちら