身近な健康食材小豆で、ちょっと幸せな毎日を

こんにちは。
横浜市保土ヶ谷区のプライベートジム&サロン、トータルボディコンディショニングimproveの成川利奈です。

 

突然ですが、成川が作るお汁粉は、ごくごく甘さ控えめです。

甘〜いお汁粉がお好みの方には物足りないかもしれませんが、
甘さを抑えると、小豆本来の風味を感じられてとても美味しいんです。
暖冬とはいえ、やはり冬に食べる熱いお汁粉は幸せですよね(*´-`)

 

「健康を意識して食べるなら洋菓子よりも和菓子」という事を聞いた事があるかもしれませんが、

小豆には以下のような効果があります。

 

・豊富なポリフェノールで強い抗酸化力
・サポニンとカリウムによる利尿作用
・サポニンによる脂肪代謝の促進、動脈硬化を防ぐ働き
・ビタミンB1、B6の疲労回復、美肌効果

・食物繊維で便秘解消、美肌効果


日本書紀や古事記にも、小豆は登場しています。

昔から愛されて来た理由はどうやら美味しいから、だけでは無さそうですね。

漢方名では「赤小豆(せきしょうず)」といい、

皮膚の炎症を抑えたり脚気(ビタミンB1欠乏症)の妙薬として使われていたそうです。

そして赤い色には古くから呪力があるとされ、

おめでたい日に赤飯を炊いたり、

災いや病気を避ける厄払いの食べ物とされて来ました。

(余談ですが舞妓さんの目尻の朱も魔除の意味があるそうですよ)

 

小豆を茹でこぼす際に捨てている煮汁は、実は成分が溶け出しています。

始めの1回はかなりえぐみも強いですが、

2回目以降は口に含んでもそこまで不快さはありません。

もし身体に優しいおやつとして小豆をチョイスしているのだとしたら、

せっかくなので茹でこぼし汁も捨てずに、くいっと飲んでしまいましょう。

ついでにポリフェノールも摂れるんですから(それも赤ワインの1.5~2倍!)、

成川は多少の不味さなど何のそのです。

 

塩分過多になりやすかったり、栄養が偏りがちな現代の食事においては、

小豆は身近な救世主と言えるかもしれませんね。

 

因みに小豆は食べるだけにあらず、

布袋に詰めて電子レンジで温めると、

小豆の水分が蒸気となり、身体を温めるのに丁度いいグッズとなります。

例えばデスクワークで目や首が疲れた時や、お腹を温めたい時等

温めたい所に暫く乗せておくだけで、じんわりと温まってくれてとても気持ちが良いですよ。

 

ストレスは免疫力の低下にも繋がります。

流行病でピリつく事が多いですが、

時には身体に優しいおやつをチョイスして、心身共に幸せになりましょう♪

 

improveでは、25種類のアロマを用いて

皆様のお悩みにそっと寄り添います。

楽しくお喋りしながらorゆっくり微睡みながら、

日々の慌ただしさを忘れてリフレッシュ→免疫力UPを図りましょう!

 

 

■トータルボディコンディショニング improve(インプルーヴ) 
〒240-0022
横浜市保土ヶ谷区西久保町53植木第3ビル2階(駐車場完備)
【相鉄線天王町駅・JR横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩6分】
(横浜駅から電車で約3分)
TEL:045-459-9868
メールでのご予約・お問い合わせはこちら

お客様の声はこちら