汗の臭いは体のサイン

こんにちは!

横浜市保土ヶ谷区のプライベートジム & サロン、トータルボディコンデイショニングimproveの大前です。

 

雨が続いて湿度が高く、暑苦しい日が続きますね。

汗は本来臭いが強いものではなく、汗が臭うということは、体の中でなんらかの変化が起きている可能性が

あると言われます。

 

 

よくある症状

 

【甘酸っぱいにおい】

体内に入った糖質は消化されてブドウ糖となりますが、ブドウ糖は血液中を巡り、インスリンというホルモンに

よって、全身の細胞に取り込まれる事でエネルギー源として利用されます。

このインスリンの分泌量や機能が低下すると、ブドウ糖は細胞にうまく取り込めない為にエネルギー源が

不足した状態を糖尿病と言います。

このエネルギー不足を補う為に、肝臓は中性脂肪を分解して脂肪酸を作り、その脂肪酸からケトン体という

エネルギー源を合成します。

このケトン体は甘酸っぱく、果物が腐ったような臭いがする為に、糖尿病によってケトン体が多くなると、

汗にもケトン体の臭いが混じってくる事が要因となります。

また、糖質制限ダイエットなどで、糖質を極端に制限してもケトン体のにおいがする汗が出てくると言われます。

 

【アンモニア臭】

肝臓にはオルニチン回路というものがあり、たんぱく質を分解する過程で、有害物質のアンモニアが生じます。

アンモニアは肝臓中のオルニチンと反応し、無害な尿素に変換してくれます。

肝機能が低下している場合、このオルニチン回路がうまく機能せず、アンモニアの分解能力は低下する為、

分解されなかったアンモニアの一部が血液中から汗となり、アンモニア臭の原因となります。

 

【腐敗臭】

胃腸の機能が低下すると、摂取した食べ物を消化吸収する能力が落ちてしまいます。

特に肉類は消化しきれないと、腸内で腐敗したような硫黄臭を発します。

これが腸から吸収されて、血液中へと流れ込む事で硫黄のような腐敗臭のする汗として出てきます。

 

【加齢臭】

中高年以降に発生しやすい加齢臭には個人差があり、ロウソクや古い本のような臭いがしやすくなります。

年齢を重ねると、皮脂を分泌する皮脂腺の中で、パルミトレイン酸という脂肪酸や、過酸化脂質という

物質が増加します。

この2つが結びつくとできるのが「ノネナール」という加齢臭の原因物質です。

この加齢臭は高血圧などの生活習慣病と深く関係していることが多く、生活習慣病は動脈硬化等の症状を

悪化させます。

動脈硬化は余分な悪玉コレステロールが活性酸素によって酸化され、血管内に蓄積していくことで始まりますが、

血管内で悪玉コレステロールの量が増えるほど、皮脂腺でも脂肪分の量は多くなる為、加齢臭は強くなります。

また、皮脂腺だけでなく、汗腺からも加齢臭のような汗が出てくると言われます。

その為に加齢臭が強くなったり、汗から加齢臭が臭うようになったら、生活習慣病の可能性が高いと言われます。

 

 

セルフケアには

 

【糖尿病対策に運動をする】

 

糖尿病の臭い汗の正体はケトン体と言われます。

ケトン体自体は悪者ではありませんが、糖尿病の人はインスリンの機能が低下し、細胞にブドウ糖が取り込

まれず、血液中に多くなった状態になっています。

高血糖の状態が続くと、さまざまな合併症のリスクが高くなる為、血液中のブドウ糖を低減させる

必要があります。

ウォーキングなどの有酸素運動は体への負担も少なく、手軽に始められます。

有酸素運動によって筋肉への血流が増えると、ブドウ糖が細胞の中にどんどん取り込まれ、血糖値の改善に

役立つと言われます。

 

【肝機能低下にオルニチンを摂取する】

 

肝機能低下により分解しきれなかったアンモニアは、汗を臭くするだけでなく、疲労感の原因となります。

肝臓のオルニチン回路を正常な状態を維持することが大切となります。

体内にオルニチンを補給しておけば、肝臓に負担がかかってもアンモニアの処理に役立ちます。

オルニチンを多く含む食品として、シジミ、ヒラメ、キハダマグロ、エノキタケ等があり、これらの食品も

食事の際に取ることが勧められます。

 

【腐敗臭の汗は動物性食品の摂り過ぎに注意する】

 

胃腸の機能低下による臭い汗は、その原因となりやすい動物性食品の過剰摂取に注意が必要となります。

動物性たんぱく質は筋肉をつくるなど重要な働きをしますが、過剰摂取は腸内で悪玉菌を増やすなど、

デメリットもある為、動物性食品に偏ることなく、植物性の食品も摂取し、栄養バランスの取れた食生活を

心がける事が大切となります。

 

【加齢臭対策に抗酸化食品を摂取する】

 

加齢臭の原因のひとつである過酸化脂質は、活性酸素によって増加すると言われます。

余分な悪玉コレステロールは、活性酸素によって酸化されることで、生活習慣病の要因となります。

加齢臭と生活習慣病の両方の予防・改善のためには、活性酸素を減らすことが必要となってきます。

体内で発生した活性酸素は、ビタミンCやビタミンEなどによって軽減しやすく、

ビタミンCはパセリ・ブロッコリー・芽キャベツ等、ビタミンEはアスパラガス・アボカド・カボチャ等に

多く含まれています。

 

普段の生活に運動や食事内容等、無理なく意識的に取り入れるようにしましょう。

 

■トータルボディコンディショニング improve(インプルーヴ) 

〒240-0022

横浜市保土ヶ谷区西久保町53植木第3ビル2階(駐車場完備)

【相鉄線天王町駅・JR横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩6分】

(横浜駅から電車で約3分)

TEL:045-459-9868

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

お客様の声はこちら