血行アップで夏の疲れを解消しよう

こんにちは!

横浜市保土ヶ谷区のプライベートジム & サロン、トータルボディコンデイショニングimproveの大前です。

 

暑い日が続くと、お風呂よりシャワーで簡単に済ませてしまいがちです。

お風呂に入ることは、体を清潔に保つ以外にも色々な効果があります。

 

 

 

入浴で得られる効果とは?

 

【血行の改善】

入浴することで体が温まり、血管が拡張する事で血行が良くなります。

全身の血の巡りが良くなる事で新陳代謝もアップし、さらに温める効果から、神経痛等の慢性的な痛みを

和らげたり、筋肉の収縮による肩こりを緩和する効果もあると言われます。

 

【浮腫み等の改善】

湯船に浸かる事で、体に水圧がかかり、体の表面から皮膚の下の血管等に圧力が加わります。

この圧力によって、手足などの末端に溜まった血液が心臓へと押し戻される為、血流やリンパの流れを

改善しやすくなり、体の浮腫みにも効果的と言われます。

 

【リラックス効果】

水中では浮力によって体重が10分の1程度になると言われ、重力から解放され、体が軽くなることで、

関節や筋肉の緊張が緩む事で、リラックス効果を生みやすいと言われます。

また浴室という密閉空間で湯船につかることにより、精神的な面でもリラックス効果を得る事が出来ると

言われます。

 

【体を清潔に保つ】

体の表面の汚れはシャワーで落とすことが出来ますが、湯船につかることで全身の毛穴が開き、

余分な皮脂が流れ出すことで体を清潔に保つ事が出来ます。

 

 

疲労回復の為の入浴法

 

【お湯の温度は40℃前後】

年齢や体力に関係なく、のぼせやヒートショック等の体調不良を起こしにくい為、40℃前後のややぬるめ

が推奨されます。

 

【肩までしっかり浸かる】

肩まで浸かる事で温熱効果も高まり、血行をアップさせる為にも効果的と言われます。

いきなり湯船につかるのではなく、掛け湯をして体をお湯に慣らしてから浸かることが推奨されます。

肩までお湯につかると息苦しさを感じる人の場合、半身浴がおすすめです

 

【湯船に浸かる時間は短時間でも大丈夫】

40℃前後のお湯に10~15分程度つかるだけで十分に体は温まり、血液の循環も良くなります。

目安としては、顔や額が汗ばむくらいが良いと言われます。

心臓・血管・呼吸器に疾患がある場合、少しでも息苦しさを感じたら湯船から出て休むようにしましょう。

 

入浴時の注意として

 

夏場の入浴では血行が良くなる事で脱水症状や、長時間の入浴で熱中症を起こしたりしないように、

気をつけることも大切です。

脱水症状の予防には、入浴する前にしっかり水分補給をしておくことが大切です。

1回の入浴で約800ml脱水すると言われ、入浴前にコップ1~2杯分(150~300ml)の水分を摂ることが

勧められ、入浴後も必ず水分補給をするようにしましょう。

入浴して大量の汗をかくと、水分とともにミネラルも失われる為、ノンカフェインの水分摂取がお勧めです。

浴室での熱中症のリスクは、浴室内の湿度や温度が上昇することで高まります。窓があるなら少し開けて空気を入れ替える、換気扇があるなら入浴中も回すなどの対策をとりましょう。

湯船につかっていると自分が熱中症になりかけていることに気付きにくい点も要注意です。

頭がぼーっとしてきたり、眠気を感じたりしてきたときには軽い熱中症にかかっている可能性

があります。

こうした場合、すぐに浴室から出て水分補給し、体を休めましょう。

 

汗をかくことが多い季節こそ、シャワーだけで済ませず、入浴する習慣を身に付けましょう!

 

■トータルボディコンディショニング improve(インプルーヴ) 

〒240-0022

横浜市保土ヶ谷区西久保町53植木第3ビル2階(駐車場完備)

【相鉄線天王町駅・JR横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩6分】

(横浜駅から電車で約3分)

TEL:045-459-9868

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

お客様の声はこちら