眼を労わる習慣を大切に

こんにちは!

横浜市保土ヶ谷区のプライベートジム & サロン、トータルボディコンデイショニングimproveの大前です。

 

スマートフォンやタブレットは、仕事・日常生活どちらにおいても必需品となってきています。

しかしスマホの画面を長時間見る事は、眼に大きな負担となっていることも忘れてはいけません。

 

 

目の仕組みとは


眼という感覚器には、カメラで例えるとレンズにあたる角膜と水晶体があり、外界からの光を屈折させる働きが

あります。

角膜と水晶体で屈折した光は、網膜に映し出され、目の前にある対象を〈像〉として認識します。

カメラの場合、フィルムの役割を果たします。

レンズの屈折力の調整、レンズ前面から網膜までの距離の調整をする事で、ピントを合わせる事

できます。

角膜と水晶体を通じて眼の中に入った光が、きちんと網膜でピントが合っている状態の事を〈正視〉、

それ以外の状態を〈屈折異常〉と言います。

屈折異常には〈近視・遠視・乱視〉があります。

網膜よりも手前でピントが合う状態を〈近視〉、網膜よりも奥側でピントが合う状態を〈遠視〉と言います。

〈乱視〉は、本来は球面のようになだらかな角膜が、何らかの原因で歪んでしまい、角膜を通り抜ける光が

並行に進むことができずに、ピントが合わせにくくなっている状態を言います。

 

生活習慣と近視、仮性近視

 

近視になる要因として、遺伝的要素と環境の二つがあります。

眼には〈調節〉と呼ばれる機能がありますが、これはカメラで例えるとオートフォーカス機能にあたります。

遺伝的要素で近視になる人は、調節機能が働き過ぎてしまう、もしくは網膜までの距離が合っていない場合です。

環境の場合、生活環境等の影響により、調節機能が上手く働かなくなっている状態を指します。

その原因の1つに、モノと目の距離が近い状態で作業をする〈近業〉があります。

水晶体周囲には〈毛様体筋〉があり、近くを見るときは水晶体を厚く、遠くを見るときは薄く、という

調節をしています。

近業が長く続く場合、眼の調節機能は近距離のモノに焦点を合わせようとする為、毛様体筋は常に緊張状態が

続き、レンズの屈折力は手元寄りに変わってくる事で」一時的に近視の状態を作ってしまいます。

この状態を〈仮性近視〉と呼ばれます。

 

スマートフォンによる影響

 

スマートフォンがテレビやパソコンよりもずっと小さな画面である事、目に近い距離で画面を見続けるという

点が眼に大きな負担になると言います。

スマートフォンを見る時間が長くなるほど、眼は画面との距離に都合の良いところに、ピントを合わせ

続けてしまいます。

ピント調節を行う毛様体筋の緊張状態が続いてしまう事になり、結果的に近視の状態を作り出してしまいます。

加齢によって水晶体や毛様体筋が硬くなり、特に手元を見るときのピント調節が上手くいかなくなる

状態を老眼、またスマートフォンを長時間利用する事で、老眼と同じような状態になることを、

スマホ老眼と言います。

 

近視を予防する為の生活習慣とは

 

近視の予防、進行を抑える為には、目にかける負担をできるだけ少なくすることが大切となります。

 

【スマートフォンを使う際の注意点】

● 眼とスマートフォンとの距離を30cm~40cm程度離す

● 視線を少し落とすように画面を見る

● 長時間の使用の合間には毛様体筋をリラックスさせる時間をつくる

適度な明るさの下で、上記の点に注意する事が大切です。

また、バイオレットライト(屋外での自然光のみに含まれる、紫外線に近い波長をもつ光の事)を浴びる時間の

長さと、近視の進行具合との関係についての研究が行われていると言われます。

屋外でのウォーキング等で、バイオレットライトを浴びることは、近視の進行を抑える効果が期待出来る

可能性があると言われます。

ほんの少し、普段の生活で気を付けてあげるだけでも、大きく眼の疲れを防ぐ事が出来ますね。

 

 

■トータルボディコンディショニング improve(インプルーヴ) 

〒240-0022

横浜市保土ヶ谷区西久保町53植木第3ビル2階(駐車場完備)

【相鉄線天王町駅・JR横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩6分】

(横浜駅から電車で約3分)

TEL:045-459-9868

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

お客様の声はこちら