疲れている時は要注意! 食物アレルギー

こんにちは!

横浜市保土ヶ谷区のプライベートジム & サロン、トータルボディコンデイショニングimproveの大前です。

 

食物アレルギーというと子供の小麦や卵等のアレルギーが思い浮かびますが、大人でも食物アレルギーは

決して珍しくなく、しかもある日突然発症する場合があります。

 

 

突然発症する食物アレルギー

 

食物アレルギーの原因となる食べ物は大人の場合、甲殻類・小麦・果物の順で多く発症しやすいと言われます。

これらの食品を食べて、数分~2時間程度で口の中の違和感や、蕁麻疹等の症状が現れます。

場合によっては下痢・嘔吐・呼吸困難等が起きることもあるので、注意が必要となります。

 

 

 

食物アレルギーの原因

 

突然アレルギーを発症する理由については、ひとつに遺伝が関係するとも言われ、親がアレルギー体質の場合、

子供もアレルギーになりやすいという傾向があると言われます。

また、疲れている等の体調がすぐれない時にも発症しやすいとも言われます

 

食物アレルギーにもタイプがあり、甲殻類や蕎麦等の食物による通常の食物アレルギーの他に、

原因となる食品を食べた直後から、口の中や喉のイガイガ、痒みがでる急性型のアレルギーがあり、

林檎・桃・キウイなどで起こりやすいと言われる、口腔アレルギー症候群(OAS)です。

口腔アレルギー症候群の場合、花粉症との関連が非常に強く、シラカバ花粉症の人は多くの場合、林檎や桃

等のバラ科の果物でアレルギー症状が起きやすく、シラカバ花粉と似た構造の成分を持つ果物にも、

反応してしまいます。

これを交差反応と言います。

また、ゴム手袋等を常用する人に見られる〈ラテックスアレルギー〉も交差反応があり、バナナ・アボカド・

キウイ等でアレルギー反応が起きると言われます。

 

 

運動が加わることで起きるアレルギー

 

食物依存性運動誘発アナフィラキシー〉と言い、小麦食品を食べてから30分~2時間以内に運動すると

アナフィラキシー (じんましんなどのアレルギー反応だけでなく、血圧低下や呼吸困難といった生命の危機に

つながる状態) を起こすというものです。

このタイプは一般の小麦による食物アレルギーとは原因となる成分が異なり、一般の小麦アレルギーの原因物質

はアルブミンなど水に溶ける成分です。

食物依存性運動誘発アナフィラキシーの場合、小麦に含まれるグルテンやオメガ5グリアジンという、

水に溶けない成分が原因となります。

子どもの食物アレルギーは、成長とともに消化管が発達するとバリア機能がしっかりしてきて、食べられる

様になることが多いのですが、大人の食物アレルギーは一旦発症すると治ることは無く、原因となる食品を

避けるしか無いと言われます。

 

医師の指導の下で、アレルギーとなる食材をほんの少しずつ食べることで、体を慣らしていくという

治療法(減感作療法)もありますが、大人ではなかなか難しいようです。

食物アレルギーは、体調の悪さが引き金になることも多いと言われる為、疲れている時には原因になりやすい

と言われる食材を避けるのも良いかもしれませんね。

 

 

■トータルボディコンディショニング improve(インプルーヴ) 

〒240-0022

横浜市保土ヶ谷区西久保町53植木第3ビル2階(駐車場完備)

【相鉄線天王町駅・JR横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩6分】

(横浜駅から電車で約3分)

TEL:045-459-9868

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

お客様の声はこちら