胃に異常がなくても起こる症状 機能性ディスペプシア

こんにちは!

横浜市保土ヶ谷区のプライベートジム & サロン、トータルボディコンデイショニングimproveの大前です。

 

機能性ディスペプシアとは?

 

胃に炎症や潰瘍などの異常がないにもかかわらず、胃痛や胃もたれといった胃の不快症状を起こす病気です。

【ディスペプシア】とは、消化不良を意味するギリシャ語が語源と言われ、消化器の様々な症状に対し

広く使われてきた言葉だそうです。

機能性ディスペプシアは、2013年に正式な診断名として認可された新しい病気と言われます。

従来は神経性胃炎やストレス性胃炎などと言われていたものですが、実際には炎症を起こしていないケースも

あることから、機能性ディスペプシアという新しい病気の概念が生まれました。

 

ストレスや食生活の乱れが原因

 

機能性ディスペプシアは、胃が十分に働かないことで食べたものをスムーズに十二指腸に送れなかったり、

胃酸過多の状態になったりするのが主な原因と言われます。

胃の機能低下や異常をもたらす主な原因がストレスとなります。

それぐらい、胃はストレスの影響を受けやすい器官と言えます。

ストレスの他には、睡眠不足・不規則な生活・過労といった要因、また食生活の影響も大きく、脂っこい食品や

激辛食品・過食・早食い等も胃に大きな負担をかける原因と言われます

 

主な症状

 

主な症状としては、食後の胃もたれ・少しの食事でお腹がいっぱいだと感じる〈早期満腹感〉・みぞおちの

痛み・みぞおちの焼けるような感覚等があります。

これらのうち、1つ以上の症状が6カ月以上前からあり、3カ月以上継続している場合、機能性ディスペプシア

の可能性が高いと言われます。

病院での診察では、内視鏡などの検査で胃に器質的な病変が無い事を確認した上で、診断されることになります。

 

対処法は?

 

薬で胃の機能を高める】

機能性ディスペプシアは、胃の運動能力が低下している状態です。

早期満腹感や胃もたれがある場合は〈アコチアミド〉という消化管の運動機能を改善する薬を飲む必要が

あります。

アコチアミドは機能性ディスペプシアの治療薬として、日本で初めて承認された薬で、胃酸過多で胃に痛みや

みぞおちの焼ける感じといった症状には、〈H2ブロッカー〈〉等の胃酸の分泌を抑制する薬が用いられます。

 

食生活で胃に負担をかけない】

 

セルフケアとして、胃に負担をかけない食事をする事が大切です。

辛い食品など刺激の強いものや、脂肪分の多い食品をなるべく避けるようにしましょう。

食事は出来るだけ決まった時間に摂る、よく噛んで、ゆっくり食べる事。

就寝直前の飲食は避け、タバコやアルコールも摂りすぎないように注意しましょう。

 

 

【運動などでストレスの軽減を】

 

ストレスを完全に取り去ることは難しいですが、運動やカラオケ等、体を動かす事で解消するようにしましょう。

運動は胃の働きを高める作用も期待できるので、ウォーキングなどの軽い運動でも大丈夫なので、体を動かす

習慣を作るようにしましょう。

 

 

■トータルボディコンディショニング improve(インプルーヴ) 

〒240-0022

横浜市保土ヶ谷区西久保町53植木第3ビル2階(駐車場完備)

【相鉄線天王町駅・JR横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩6分】

(横浜駅から電車で約3分)

TEL:045-459-9868

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

お客様の声はこちら