楽しく飲んで、二日酔いには気を付けよう

こんにちは!

横浜市保土ヶ谷区のプライベートジム & サロン、トータルボディコンデイショニングimproveの大前です。

 

楽しくてついつい飲み過ぎてしまった翌朝、寝起きの頭痛や胃のむかつきは、とても辛いですね。

なるべくなら、二日酔いは避けたいものですね。

 

 

二日酔いとは?

 

 

大量のお酒を飲んだ後、翌日に残っている様々な症状の事を二日酔いと呼びます。

疲労感・脱力感のご利用・喉の渇き・頭痛・吐き気・胃痛等、どれも症状事態はそれほど重くなく、

概ね24時間以内には体調が回復します。

それぞれの症状がなぜ出るのかは十分解明されていないと言われ、主な原因としてアルコールの過剰摂取が、

二日酔いの原因であると言われます。

お酒を飲むと、アルコールは胃や小腸で吸収され、血液に溶け込んで肝臓に送られ分解されますが、分解の過程

でアセトアルデヒドという有害物質に変わり、次に酢酸に分解され、最終的には炭酸ガスと水になって、

体外に排出されます。

 

二日酔いの症状が出る原因として、分解の過程できたアセトアルデヒドが原因と言われますが、

アルコールやアセトアルデヒドの血中濃度が低くても、二日酔いの症状は出ると言われます。

お酒に弱い人とは、アセトアルデヒドの分解能力が弱く、血中に溜まりやすい人の事を言い、お酒を飲むと

血液中のアセトアルデヒドの濃度が高くなる事で、皮膚が赤くなったり、頭痛・動悸・吐き気の症状が

出たりします。

二日酔いの症状にも、頭痛・吐き気等がある為、この為に翌日迄に溜まったアセトアルデヒドが二日酔いの

原因という様に言われています。

 

二日酔いの症状を軽減するには、〈飲む前〉〈飲む時〉〈飲んだ後〉それぞれのタイミングで対処することで

症状が緩和されやすくなると言われます。

 

 

【飲む前】

胃が空っぽのところにいきなりアルコールが入ると、胃が爛れたり赤くなったりして、胃炎や胃痛の原因

になります。

空腹時はアルコールの分解スピードが遅くなり、肝臓の細胞にはアルコールを分解するときに使われる

NADという酵素がありますが、空腹時はこれが不足している状態となります。

食事をするとNADが増え、アルコールの分解も良くなります。

飲む前・飲む時に食べるものは何でも構いませんが、ポテトチップス等の油分の多い食べ物よりは、

野菜や炭水化物が推奨されます。

肉類や油分の多いこってりしたものは胃にとどまる時間が長い食べ物です。

胃にとどまっているということは、それに消化しようと胃が刺激されて、胃酸が沢山出る状況が続いてしまうと

胃の粘膜が荒れて負担がかかってしまいす。

 

【飲む時】


チェイサー等、お酒を飲みながら水も併せて飲むことで、飲酒量を減らすことに役立ち、胃内のアルコール

濃度を下げる働きも期待できます。

また二日酔い予防に限らず、健康のためにも適量が大切です。

 

【飲んだ後】

 

睡眠不足になると疲労感が増えやすくなります。

寝る時は、胃の出口が下を向くので、消化されたものが胃から出ていきやすくなる為、体の右側を下にして

横になる姿勢がお勧めです。

またお酒を飲んで酔った夜は、寝る前の入浴は絶対に避けましょう。

不整脈や血圧の変動を起こすことがある他、転倒事故の危険性もある為、無理せず翌日入浴しましょう。

 

 

二日酔いの場合

 

 

白湯や常温の水など、冷たすぎず、熱すぎない胃に負担が少ない物で水分を摂ることが大切です。

食事が出来るようなら、おかゆ等の消化の良いものを食べるのは問題ありませんが、無理に食べると吐いてしまう

場合もありますので、食べたくない場合は水分補給だけで十分です。


二日酔いになると胃がムカムカして気持ちが悪くなるという人は、胃酸を抑えるH2ブロッカーという薬を飲んでから

休むと胃炎を起こしにくくなる可能性があると言われます。

頭痛などで市販の鎮痛剤を服用することもあると思いますが、その際、同時に胃痛がある場合はNSAIDSと呼ばれる

非ステロイド性消炎鎮痛剤は、胃痛や胃炎を悪化させる可能性があると言われる為、避けましょう。

 

 

 

■トータルボディコンディショニング improve(インプルーヴ) 

〒240-0022

横浜市保土ヶ谷区西久保町53植木第3ビル2階(駐車場完備)

【相鉄線天王町駅・JR横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩6分】

(横浜駅から電車で約3分)

TEL:045-459-9868

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

お客様の声はこちら