口臭予防だけじゃない! 舌磨きのメリット

こんにちは!

横浜市保土ヶ谷区のプライベートジム & サロン、トータルボディコンデイショニングimproveの大前です。

 

歯磨きは、毎日欠かさず行いたい日常習慣の一つですが、舌が汚れていると、歯みがきをしていても

歯の表面に細菌が付いてしまうリスクがあると言われ、さらには口臭の発生源となるとも言われます。

 

舌の汚れとは?

 

 

舌を鏡で見ると、表面が白くなっている部分があり、この舌表面に付いた白い苔のようなものを

舌苔(ぜったい)と言います。

うっすらと白くなっている程度で、舌本来の色が透けて見えるようならあまり問題はありませんが、

白い部分に厚みがあったり、黄みがかっていたりする場合などは、舌苔が蓄積している可能性があると

言われます。

舌苔とは舌の汚れの事を言い、舌の表面には数多くの舌乳頭という小さな突起があります。

この突起の凸凹に、口の中の細菌・食べカス・剥がれ落ちた粘膜の上皮・唾液の成分等が溜まる事で、細菌が

増殖していくと言われます。

その際、〈バイオフィルム〉と呼ばれる菌膜が舌表面に形成され、舌苔が出来ると言います。

歯につく歯垢はこのバイオフィルムの一つと言われ、虫歯や歯周病を予防する為には、歯磨きによって

歯の表面に形成されたバイオフィルムを除去することが大切と言われます。

毎食後、丁寧に歯を磨く事が習慣になっている人も多いと思いますが、舌苔が付いたままの状態で歯を

磨いても、歯磨きの最中に舌の細菌が歯の表面に付いてしまうリスクがあります。

歯磨きの他にも、舌磨きを習慣化する事が口内の健康維持の為にも大切と言われます。

 

 

舌の汚れが口臭の原因にも

 

 

舌苔を放置していると虫歯や歯周病に加え、口臭のリスクも高まります。

口内の粘膜の上皮細胞は新陳代謝によって絶えず生まれ変わっていると言われ、剥がれ落ちた上皮細胞は

舌表面に集まります。

その際に剥がれ落ちた細胞をエサとする口臭の原因菌が増殖し、たんぱく質を分解します。

その際に揮発性のガスが発生し、硫黄のような腐敗臭を伴う化学物質へと変化します。

臭いの他に、口の中の健康な細胞に迄ダメージを与える要因になりかねないので、注意が必要となります。

高齢者や、病気等によって飲み込む力が低下している人等には、舌苔が原因となる誤嚥性肺炎に注意が必要です。

誤嚥性肺炎は、唾液や食べ物などと一緒に細菌が誤って気道や肺に入ってしまうことで起こると言われます。

口内の剥がれた細胞は最初に舌の上の面に集まり、細菌を繁殖させます。

放置していると喉に近い部分に多くの細菌が存在している状態になり、飲み込む力が低下している場合等は、

誤って気道や肺へと、吸引されてしまうリスクが高くなると考えられます。

 

 

舌のケアとして

 

【舌専用のブラシを使用する】
舌表面は柔らかく繊細な為、歯ブラシで強く擦ると舌の表面を傷つける恐れがあります。

舌みがき専用のブラシを使う事が推奨されています。

【舌の奥から手前にかき出す】
奥へ向かってブラシを動かすと、喉にあたって吐き気を催したりする場合があるので、舌の奥から手前に

向かってやさしくかき出す様に動かしましょう。

【かき出す回数は少なくする】
舌表面の汚れは、舌専用ブラシで3~4回程度軽くかき出す程度できちんと落とすことが出来ます。

あまり回数が多いと逆に舌を傷つける原因になる為、注意が必要です。

また、かき出した後にうがいで口の中をしっかり洗浄する事も大切です。

 

就寝中は唾液の分泌が減る事で細菌が繁殖しやすい状態になります。

その為、起床時の口の中は驚くほど汚れていると言われます。

舌全体に細菌が付着した状態のまま朝食をとると、食べ物と一緒に細菌を飲み込んでしまう可能性があります。

その為、歯磨きは毎食後に行うのが基本ですが、舌みがきの場合は朝の1回だけでも十分に、舌苔の予防に

繋がります。

 

唾液は自然の洗口剤

 

舌磨きで舌表面を清潔に保ち、舌苔が蓄積しないように予防するのと同時に、食事の内容にも気を付ける

事も大切となります。

食べ物が擦れる事で舌に汚れがつきにくくなりますが、あまり噛まなくても飲み込めるような柔らかい料理

や食品では、舌表面の凸凹に入り込んだ汚れを除去することがなかなか出来ません。

食物繊維を多く含む野菜類は、よく噛み咀嚼することによって唾液の分泌が促進されやすく、野菜に含まれる

繊維質によって、物理的に舌の汚れを自然と取り除く事が出来るといったメリットがあります。

さらに、唾液によって舌は洗浄されているので、自然の洗口液とも言えます。

唾液に含まれるIgA(免疫グロブリンA)という抗体には、細菌やウイルス等の異物から体を守る働きが

あると言われています。

口の中が乾きやすいという場合は、こまめに水分補給を行うことも大切です。

また緊張やストレス等も、唾液の分泌を低下させる要因なので、リラックスする時間をもつことも大切です。

 

 

■トータルボディコンディショニング improve(インプルーヴ) 

〒240-0022

横浜市保土ヶ谷区西久保町53植木第3ビル2階(駐車場完備)

【相鉄線天王町駅・JR横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩6分】

(横浜駅から電車で約3分)

TEL:045-459-9868

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

お客様の声はこちら