早めに対策しよう、6月病

 

こんにちは!

横浜市保土ヶ谷区のプライベートジム & サロン、トータルボディコンデイショニングimproveの大前です。

 

環境変化のストレスによる影響

 

5月のゴールデンウィーク明け頃から、主に新入社員や新入学の大学生等に見られる事が多い、

心身の不調を指して5月病と言われますが、実はもっと前の4月からの環境変化が影響していると言われます。

この時のストレスが原因となっている、急性の適応障害と言われます。

そのさらに後の、6月頃に現れる心身の不調を6月病と言います。

この6月病は、4月の職場の異動等で環境の変わった社会人にも多く見られる症状と言われます。

6月病と5月病は性質が違っており、6月病はうつ病の入り口の状態と言われます。

4月からの環境変化の影響であることは同じですが、ストレスを我慢しきれなくなって出てくるのが

6月病と言われ、早い段階で気付けば回復も早いのですが、6月病は状態を悪化させた状況とも言えます。

 

6月病は真面目な性格の、頑張りすぎてしまう人に多い傾向があると言われ、そうした人は多少の体調不良

あっても、無理を押して頑張ってしまう場合が多く、最終的には体力の限界を超えて体調を崩してしまうよう

になります。

 

6月病の予防法

 

6月病には、原因となるストレスを無くす事が一番良いと言われますが、現実的にはストレスを完全に

取り除く事は難しく、ストレスに強い状態をつくる事が最適と言われます。

 

【睡眠をしっかり取る】

睡眠を取ることで、頭がすっきりして前向き思考に切り替わりやすくなります。

逆に眠れない状態というのは、不調のサインであることが多いので注意が必要です。

 

【趣味や好きなことを楽しむ】

好きな事に意識を向ける事でストレスを解消し、心をリフレッシュさせます。

音楽を聴く・スポーツで汗をかく等、自分が楽しめる事を行うことが大切です。

また、いくら好きでも深酒やギャンブル等は精神面にも良くありませんので、程ほどにしましょう。

 

 

6月は心の調子を崩しやすい時期なので、普段からストレスを溜め込まないように、上手に発散させて

乗り切っていきましょう!

 

■トータルボディコンディショニング improve(インプルーヴ) 

〒240-0022

横浜市保土ヶ谷区西久保町53植木第3ビル2階(駐車場完備)

【相鉄線天王町駅・JR横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩6分】

(横浜駅から電車で約3分)

TEL:045-459-9868

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

お客様の声はこちら