大人のかかる水疱瘡 帯状発疹

こんにちは!

横浜市保土ヶ谷区のプライベートジム & サロン、トータルボディコンデイショニングimproveの大前です。

 

水ぼうそうと同じウイルスが原因で発症する帯状疱疹は、加齢や疲労、ストレスなどで身体の免疫力が

低下することで起きると言われ、80歳迄に約3人に1人が帯状疱疹になるとも言われます。

 

 

帯状疱疹とは?

 

帯状疱疹とは、子供の頃に罹患した水疱瘡のウイルスが再活性化することで発症する病気です。

帯状疱疹は水疱瘡が治った後、皮膚の知覚神経を伝って、顔面の三叉神経・脊髄神経・坐骨神経等の神経節に

潜伏します。

水疱瘡にかかったことがある人は全員、その状態になっていると言われます。

水疱瘡に対する免疫が完成すると二度と同じ病気を発症することはありませんが、疲労等により一部の

免疫細胞が低下すると、それまで眠っていた水疱瘡のウイルスが目覚め、神経を壊しながら増殖していくと

言われます。

 

 

【主な症状】

●体や顔の左右どちらかに、ピリピリ・チクチク等といった神経痛が生じる。

●痛みのある部位に赤い発疹が現れ、虫刺されや皮膚の被れのような症状が出てくる。

●発疹が小豆サイズの水ぶくれになり、体や顔の片側に帯状になって広がり、水ぶくれはその後、かさぶたとなる。

 

帯状疱疹の発症率は50代から高くなり、年代が上がるにつれて増加する傾向にあります。

高齢になるほど発症率が高くなる要因の一つとして、加齢に伴い免疫力が低下する為と言われます。

また、癌や糖尿病等の免疫力が低下する病気を患っていたり、ステロイドの内服薬や抗がん剤等の免疫の

働きを抑制する薬を服用していたりする場合も、帯状疱疹を発症する要因となると言われます。

仕事や家事、子育てや介護などで多忙な日々が続いていたり、ストレスや疲労が重なると、突然帯状疱疹を

発症する場合もあると言われます。

その際は、十分に休息をとりながら、安静に過ごす様にしましょう。

 

 

長引く激しい痛み

 

帯状疱疹は発疹が出てから3日以内に適切な治療を受ければ、1週間ほどで治癒しますが、つい治療を後回しに

してしまい、結果的に重症化してしまう事が多いとも言われます。

治療の遅れや、痛みや皮膚症状が重症だった場合等は、発症から数カ月後に帯状疱疹後神経痛へと

移行しやすくなります。

これは皮膚の発疹や水ぶくれなどが消えた後も続く痛みの事で、数カ月から10年以上続く場合もあり、

激しい痛みによって日常生活に支障が生じたりする場合もあります。

知覚神経の側にある運動神経も障害されて麻痺が生じることがあり、顔面神経麻痺・便秘や尿閉を引き起こす

場合もあります。

 

帯状疱疹の予防方法としては、睡眠や休息をしっかりとり、疲れやストレスを溜め込まない様にすることが

大切だと言われます。

意識してストレス発散できることを見つけましょう

 

 

■トータルボディコンディショニング improve(インプルーヴ) 

〒240-0022

横浜市保土ヶ谷区西久保町53植木第3ビル2階(駐車場完備)

【相鉄線天王町駅・JR横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩6分】

(横浜駅から電車で約3分)

TEL:045-459-9868

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

お客様の声はこちら