体内時計

    こんにちは!improveトレーナーの村上です!

    今回は体内時計について書いていきます😀

     

     

    みなさん、体内時計て聞いた事ありますか?

     

    体内時計は生理時計や生物時計とも言われていて、人間が生まれつき備えていると言われています。

     

    体内時計の役割

    ホルモンの分泌

    自律神経の調整

     

    などがあげられますsmiley

     

    自律神経とは、交感神経副交感神経から成り立っています。

     

    人間の身体は活動量が多い朝から夕方の時間帯は交感神経優位、そこから徐々に副交感神経優位に切り替えていきます。

    この交感神経と副交感神経は常に働き続けて、消化、呼吸、血液、排泄、体温などを調整しています。

     

    簡単に言うと、体内時計がやる気スイッチのオンとオフをコントロールしているのです

     

    朝起きてすぐは基本的に頭はぼーとしてますよね?

    仕事の支度、洗濯、朝食などをしていると意識がハッキリして来ませんか?

     

    寝ている間血圧が低くなっていて、動き出して血の巡りが良くななるからです!

    体温も少しずつ上がります!

     

    これらの体内の働きも元は体内時計からくるものなのですenlightened

     

     

    1日は24時間ですが、体内時計は25時間周期で備わっているそうです。

     

    25時間、、、?

    1時間多い、、、?

     

    そうなんです!

    体内時計は1時間長く備わっているんです!

     

    ズレないのかな?

    と思いますよね?

     

    そう、ズレます!!

     

    ずれた時に起こる症状として、人それぞれですが、不眠、食欲不振、ホルモンバランスの崩れ、過食、めまい、呼吸のみだれ、だるさなどが起こります。

     

    朝目覚めが悪い、寝た気がしない、疲れが取れない。

     

    そんな方は体内時計のズレで自律神経が乱れている可能性大です!

     

     

    では次に体内時計を整える、またはリセットする方法を書いていきますねsmiley

     

    〇朝太陽の光を浴びる

    〇早寝早起き

    〇毎日のリズムを整える

    (起きる時間、寝る時間、食事の時間など)

    〇寝る前のスマートフォンなどの光を避ける

     

    こちらです!

     

    体内時計を整えられるのは朝だけだと言われています。

    そして光を浴びる事で1時間のズレをリセットすることができますyes

     

    さらに朝の交感神経のスイッチをオンにするために重要なのが朝食です!

    これがないとなかなか動くスイッチが入らない仕組みになっているようですfrown

     

    朝しっかり交感神経のスイッチをオンにすることで、夕方から副交感神経への変わり方もスムーズになるので、睡眠の質が上がります!

     

     

    スマートフォンの光は睡眠を促すメラトニンというホルモンの分泌を抑えます

    そうすると眠れなくなったり、眠りが浅くなったり、夜起きてしまう。という悪影響を及ぼします

     

    睡眠の質が悪くなると食欲増進ホルモンが出て過食。

    なんてことも、、、

     

     

     

     

    いかがだったでしょうか?

    体内時計の大切さが少しでも伝わればいいなと思いますwink

     

     

    ■トータルボディコンディショニング improve(インプルーヴ) 

    〒240-0022

    横浜市保土ヶ谷区西久保町53植木第3ビル2階(駐車場完備)

    【相鉄線天王町駅・JR横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩6分】

    (横浜駅から電車で約3分)

    TEL:045-459-9868

    メールでのご予約・お問い合わせはこちら

    お客様の声はこちら