免疫力とも関係が深い、体温

こんにちは!

横浜市保土ヶ谷区のプライベートジム & サロン、トータルボディコンデイショニングimproveの大前です。

 

 

皆さんの平熱は何度でしょうか。

36.5度くらいという人もいれば、35度台という人もいると思います。

平熱は人によって異なり、一般的な健康な人の体温は概ね36.6度~37.2度になると言われています。

 

10歳~50歳の平均的な体温は約36.8度と言われ、個人差はありますが、約7割の人が36.5度~37.2度の範囲に

収まると言われます。

平熱が36度以下の人は低体温と言われ、体が冷えやすい為に血流が悪くなりやすく、自律神経失調症・アレル

ギー・便秘・肥満等の不調や病気につながる恐れがあります。

 

発熱の定義は37.5度以上、高熱の定義は38度以上と言われます。

人により平熱に違いはありますが、自分の平熱よりも明らかに体温が高い場合は、発熱の可能性があると考え

られます。

検温をする際、末端や体表の体温は外気などの影響を受けやすいことから、体温計で測った体温が37度だった

としても、足先の温度を測ると10度近く低い数値になることもある位に変わってきます。

体温は体の中心に行くほど高く安定しているので、確実な体温を知るには中核温を測ると良いのですが、

日常の検温で体温計を体内に入れるわけにはいきません。

その為、一般的には耳・腋・口等で体温を測ります。

しかし、これらの部位の平熱はそれぞれ異なるため、各部位の平熱を知っておく必要があると言われます。

 

 

体温は1日の中でも変動している

 

ヒトの体温には1日のリズムがあり、同じ部位で計測しても、時間帯によって平熱が約1度の範囲内で変動します。

眠っている時には、脳の休息のために日中よりも体温が下がります。

深く眠るとより体温が低下する為、1日のうちで早朝が1番体温が低い時間帯と言われます。

起床後に徐々に体温が上がっていき、夕方が1日のうちで1番体温が高くなり、睡眠に向けて夜になると再び

体温が下がっていきます。

普段から体調が良いときに、起床時・昼・夕方・就寝前それぞれの平熱を測っておく事で、平熱との体温を

比較しやすくなります。

平熱を測るときには、体温が上がる食後や運動後を避けて、食前や食間、運動前に測るようにしましょう。

 

 

年齢によっても異なる体温

 

ヒトの体温は年齢によっても変わってきます。

乳幼児期は体内で作られるエネルギー量が多く、大人と比べると体温が高めです。

成長すると体温が下がっていき、10歳頃から安定してきます。

その後、体の様々な機能の衰えとともに、体温調節機能も下がってくる事により、50歳を過ぎた頃からは、

体温が下がってきます。

若い頃の平熱を変わらずに今の平熱だと考えていると、実は思っていたよりも平熱が低かったという事も

あります。

発熱にしっかり気づけるようにする為にも、時折体温を測る事で、今の自分の平熱を知っておく事が大切です。

 

 

体温と免疫力との関係とは

 

私たちの体には、病気から体を守る為の免疫機能が備わっています。

免疫機能においては病原体などの異物を排除するマクロファージ、抗体を作るB細胞など、沢山の免疫細胞

が働いていますが、免疫細胞には温度が高いと活発に働くという性質があると言われます。

免疫細胞が正常に働ける体温は36.5度と言われ、そこから体温が1度上がると、最大約5倍~6倍の免疫力が

上がり、逆に1度下がると免疫力が30%下がると言われています。

病気になったときに発熱するのは、体が体温を上昇させることで免疫細胞を活性化させる為と言われます。

免疫力をアップして、病気に負けない体を作るには、健康な体温を保つことが必要となります。

 

 

体温を上げて、免疫力を高めるには?

 

【適度な運動】

低体温の原因の9割を占めるといわれているのが、筋肉量の低下です。

筋肉量が低下すれば体温は下がり、免疫細胞の働きが悪くなり、病気にかかりやすくなります。

運動によって筋肉量が増えると体温が上がって免疫細胞が活性化し、全身に酸素や栄養が行き渡るので様々な不調の改善にも繋がります。

 

【ストレス解消】

ストレスを感じると、体内でコルチゾールというホルモンを分泌します。

コルチゾールには筋肉を分解する作用がある為、ストレスを強く感じる事で筋肉が痩せてしまい、

体温の低下により、免疫力が落ちやすくなります。

免疫機能が正常に働くには、自律神経のバランスが取れていることが重要となりますが、ストレス過多になると

自律神経が乱れ、免疫機能が正常に保てなくなります。

適度な運動には筋肉量を増やして体温を上げる効果があるのと同時に、リラックス効果や精神安定効果があり、

ストレス解消に役立つ物質を分泌させる効果もあります。

自律神経のバランスを整えるのにも役立つので、ストレッチやウォーキングなど簡単なものから、

普段の生活に取り入れてみましょう。

 

【入浴】

お風呂はシャワーで済ませる人も多いと思いますが、健康な体温のためにはしっかり湯船につかるのが

おすすめです。

10分ほど湯船につかると、体温が1度程上がります。副交感神経が刺激されて体がリラックスし、

ストレス解消にも繋がる為、できるだけ毎日湯船につかるようにしましょう。

 

【温かい飲み物を飲む】

体温を上げたいという場合、温かい飲み物を飲むのも効果的です。

起床後は体温が下がっている為、白湯などを飲んで体を温める事も効果的です。

 

【物理的に体を温める】

お腹に腹巻きを巻く・カイロ等を使い、物理的に体を温める事も体温アップに繋がります。

タイツを着用したり、ひざ掛けを使ったりする事で、足元から温める事もとても大切となります。

 

 

■トータルボディコンディショニング improve(インプルーヴ) 

〒240-0022

横浜市保土ヶ谷区西久保町53植木第3ビル2階(駐車場完備)

【相鉄線天王町駅・JR横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩6分】

(横浜駅から電車で約3分)

TEL:045-459-9868

メールでのご予約・お問い合わせはこちら

お客様の声はこちら